高血圧 症状

高血圧の症状とは?自覚症状や合併症について

高血圧 画像

高血圧とはその名の通り「血圧が高い状態」を
指す症状で、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHG以上、
上の血圧(収縮期血圧)が140oHG以上
が、
「高血圧」と診断される基準になっています。

 

また、健康で理想的な血圧は下の血圧が80mmHG未満、
上の血圧が120oHG未満となっています。

 

 

高血圧の種類は2種類

 

高血圧には「本能性高血圧」「二次性高血圧」
2種類があります。

 

本能性高血圧とは、特にハッキリとした原因が見当たらず、
生活習慣や肥満、ストレスなどの様々な要因によって
引き起こされる高血圧の事で、全体の90%もの高血圧が
この本能性高血圧であると言われています。

 

一方、二次性高血圧とは、脳血管障害や脳腫瘍、慢性腎炎などの
病気が原因で起こる高血圧の事で、別名「続発性高血圧」とも
呼ばれています。

 

 

高血圧の自覚症状とは?

 

一般的に自覚症状が無く、「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧。

 

分かりやすい痛みなどの自覚症状が起きない為、
血圧が高めだと指摘されても危機感を持たずに放置されやすいのですが
血流の悪化に伴って出てくる様々な症状がサインとなる事もあります。

 

【高血圧の主な自覚症状】
頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り
呼吸困難、動悸、むくみ、胸や足の痛み、足のしびれ

 

動悸や呼吸困難、むくみなどの症状が出る頃には
高血圧がかなり進行していて危険な状態になってしまいます。

 

そのため、普段からの血圧のチェックや健康診断で
早めに高血圧に気付けるように心がける事が大切です。

 

また、これらの自覚症状は必ずしも高血圧という訳ではなく
他の病気が隠れている場合もある為、おかしいなと思ったら
早めに病院を受診する事も大切です。

 

 

高血圧の合併症

 

高血圧は、血圧が高い事そのものよりも、
それによって引き起こされる合併症が最も怖いものです。

 

自覚症状が無く高血圧を放置すると、心臓が圧力に耐えようとして
硬化したり肥大化したりします。

 

そのため心筋梗塞や動脈硬化、大動脈瘤破裂などの
命に関わる怖ろしい病気を引き起こす場合があるのです。

 

高血圧が原因で起こりやすい合併症には
以下のようなものがあります。

 

心臓の合併症

 

心不全、心筋梗塞、狭心症など

 

高血圧が続くと、圧力に耐えようとして心臓の筋肉が厚くなり
ポンプ機能が弱まって心不全を引き起こします。

 

また、心臓に血液を送る冠状動脈が硬化して血流が途絶えると
狭心症や心筋梗塞を発症します。

 

脳の合併症

 

脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作)

 

血圧が高い状態が続くと、動脈が硬くもろくなっていき
脳卒中が起こる原因となります。

 

 

腎臓や肝臓の合併症

 

腎不全、肝機能低下

 

腎不全は腎臓の細動脈が硬くなる事で起こりますが、
この腎不全は心不全の要因にもなっています。

 

目の合併症

 

眼底出血、視力障害、失明など

 

眼球の内側にある網膜の動脈硬化が進むと、
網膜に出血や白斑が起こり様々な症状を発症し
最悪の場合は失明する事もあります。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング

関連ページ

なぜ高血圧になってしまうの?その原因は?
高血圧は現代社会に生きる30〜40代の約半数の方が該当すると言われています。なぜこれほどまで高血圧の方は多いのか?そもそも何が原因で高血圧になってしまうのか、詳しくご紹介しています。
是非摂りたい!血圧を下げるために効果的な成分は?
高血圧は実は予防や改善をすることが可能です。そのためには、とある成分を摂取するのが良いのですが、一体どんなものを摂るのがいいのでしょうか?高血圧におすすめの有効成分をご紹介しています。
高血圧の予防や改善のために、今日から出来る事は?
高血圧を効果的に予防、改善するにはどういった事を心がけて、実施すればいいのでしょうか?血圧を下げる方法などおすすめ情報をご紹介しています。